江戸川区で新築一戸建てを探す方法とは

  • 江戸川区の不動産の特徴とは

    • 江戸川区は東京都の最東端に位置する立地から、都心のベッドタウンとしての位置づけが非常に強い地域です。



      日中の人口は夜間の80%になるという調査結果も有り、多くの住民が東京都心や千葉市内中心部などへ通勤しているという実態が有ります。


      江戸川区は年々人口が増加している傾向が有り、不動産の物件も増えている現状が有ります。

      これに比して徐々に物件価格も上昇しており、収益物件となるマンションなども増えている実態が有ります。


      その反面、古くからの歴史を持つ地域としても知られており、江戸時代から重要な拠点として栄えてきました。

      特に漁業は盛んであり、現在でも東京湾沿岸では様々な養殖事業などが行われています。その為、東京に近い地の利がありながら自然が豊かで、また生活しやすい環境であることが都心のベッドタウンとしての魅力をさらに高めています。



      最近では都心に於いても再開発による高層マンションの建設が進んでおり、不動産物件や収益物件が非常に増えていますが、都心のマンションは非常にその価格が高いため、なかなか購入できる人が限られてしまう実態が有ります。しかし、対して江戸川区は都心から若干離れているため物件価格はそれほど高くないという実態があります。

      しかし、都心への通勤は概ね30分程度と決して多い距離ではなく、十分に余裕を持って通勤できる距離であることや自然の豊かさなども有り、不動産の人気が非常に高まっている地域でもあります。

      葛飾区の不動産売却査定の情報を調べてみましょう。

top