江戸川区で新築一戸建てを探す方法とは

  • 江戸川区で新築一戸建てを購入するときの考え方

    • 江戸川区で新築一戸建てを購入しても、30年もたってしまえば建物の評価はゼロになってしまいます。



      30年後にはほぼ土地だけの値段で売買されてしまいます。
      そう考えると購入した時に、土地の割合が多ければ売った時の資産価値は守られやすいといえます。

      江戸川区で最終的には土地が残るからやはり、新築一戸建てがいいと考える人が多くなっているのはこのためです。

      都市部と地方で同じ新築一戸建てを購入しても、都市部のほうが高くなっているのはただ単純に都市部のほうが、土地の値段が高くなっているからです。
      新築一戸建ては夢が膨らみます。

      こちらの葛飾区の注文住宅に関しての関心度が高まっています。

      モデルハウスやモデルルームに行くと気分が高揚してしまいます。
      やはり新しいものは気分がよく、わくわくするものです。



      新築は非常に魅力的です。

      ですが新築は七難隠すといわれている通り、実際に暮らしてみたら感じる問題点を見えなくしてしまうことも事実です。

      間取りが使いにくかったり、狭かったり、採光が少なかったりと問題はあるのですがまあ新築だからいいかとついつい妥協してしまうのが、新築物件です。
      物件を見学に行くのは数回程度になりますが、住めば毎日その家にいなければなりません。新築の一戸建てを江戸川区で購入するときは、この物件が中古物件だとしても購入する気分になれるかということを、考えて購入するようにしてください。


      江戸川区にある周辺の中古物件を調べて、その価格差を埋められるだけの魅力があるかどうかを確認するようにすることが大切です。

top